車のバッテリー上がりの対処方法とブースターケーブルのつなぎ方について

スポンサードリンク

車のバッテリー上がりの対処方法とブースターケーブルのつなぎ方について

車のトラブルで一番大きのがバッテリー上がりです。

バッテリーの寿命や酷使することで簡単に上がってしまします。

 

バッテリーが上がれば車は、まったく動かなくなります。
朝の通勤や旅行先でキーを入れて回しても、エンジンがまったく動かない。

 

このような経験をしたことがある方は、わかりますがかなり焦りますよね!!

 

万が一、バッテリーが上がっても対処できるように最低限の知識は身につけておきましょう。

 

バッテリー上がりの対処方法

バッテリーが上がると車のエンジンはかかりません。

 

対処方法は以下の方法があります。

 

・新品のバッテリーに交換する
・ブースターケーブルにつなぎ他の車のバッテリーを利用する
・JAFを呼ぶ
・モバイルバッテリーを使用する

 

もし、自宅の車庫やバッテリーを購入できる環境なら新品のバッテリーに交換をすればすぐに解決できます。
ネット通販でバッテリーが購入できます。

 

近所にカー用品店やホームセンターがない方はネット通販を利用するといいでしょう。
お急ぎ便や古いバッテリーを無料で回収してくれる通販サイトもありますよ。

 

外出をしていてまわりに車があれば、ブースターケーブルを利用してエンジンをかけることができます。

 

まわりに助けてもらえない場合は、JAFを呼びましょう。

 

スマホ用の持ち運びができるバッテリーが車のバッテリーに接続できる商品があります。
費用をおさえて事故解決したいっと考えている方は車のバッテリーに接続できるモバイルバッテリーを購入した方がいいでしょう。

 

ブースターケーブルのつなぎ方


ケーブルには二種類の色があります。
赤がプラスで黒がマイナスです。

 

A=バッテリーが上がった車
B=エンジンがかかる車

 

接続する順番です↓↓↓
Aのプラス端子
Bのプラス端子
Bのマイナス端子
Aのマイナス端子

 

エンジンは切ってから接続し、上の順番で接続したらBのエンジンかけます。
そして、Aにキーをまわします。

 

外すときは、接続する十番の逆です↓↓↓
Aのマイナス端子
Bのマイナス端子
Bのプラス端子
Aのプラス端子

 

ブースターケーブルを使ってエンジンをかけることを直結とかジャンピングスターターっと呼ぶこともありますよ。

 

かからない場合

バッテリーが上がりブースターケーブルでもかからない場合は、セルモーターの故障が考えられます。

 

エンジンがかからない=バッテリー上がり

 

っと思われがちですがセルモーターが壊れていたらバッテリーが使える状態でもエンジンはかかりません。

 

セルモーターとは、エンジンをかけるためにある部品のことです。
故障や寿命のあるパーツなので覚えておきましょう。

 

セルモーターが原因でエンジンが掛からない場合は、セルモーターを交換するしか解決方法はありません。

 

一度上がったバッテリーの寿命は短いです。充電ても回復しにくく新品のバッテリーに交換した方がいいでしょう。

バッテリーを安く購入したい方はカー・エイドがオススメですよ

バッテリー市場 激安
  • 最大で定価から71%OFF!!
  • 送料が無料でお急ぎ便が無料!!
  • 取り外したバッテリーの無料引き取りがあり!!
  • 国産、外車、バイク、トラック、重機、農業機械など豊富な種類あり!!
カー・エイドは、激安で品質の良いバッテリーを販売しています。
送料は無料で取り外した古いバッテリーを無料で回収もしています。

国産車の対応してサイズや容量をはじめ、
特殊な外車やトラックや重機や農業機械も取り扱っています。