交換する手順

スポンサードリンク

バッテリーを10分以内で交換する方法


バッテリーは誰にでも簡単に交換ができます。
時間も10分もかからず、使用する道具はスパナ(10mm)があればOKです。

 

手が汚れないように軍手があれば言うことなしです。

 

バッテリーは2〜3年で消耗するパーツなので自分で交換ができれば
工賃代が節約できますよ。

 

また、点検やメンテナンスのことも考えると覚えておくといいですよ。

 

端子を取り出します。

まずは、取り付けているバッテリーを外します。

 

マイナス端子のナットを緩め外しましょう。
次に、プラス端子もナットを緩め外しましょう。

 

バッテリーを固定しているステイを外しましょう。

ステイとは、バッテリーを固定している金具のことです。

 

スパナでステイのナットを緩めましょう。

 

バッテリーを取り外しましょう。

端子を外しステイを外したらバッテリーを持ち上げ取り外します。
傾けると、補充液が漏れることもあるので平行に持ちあげましょう。

 

新しいバッテリーを置く

バッテリーの受け皿にゴミなどや置くときに邪魔になる物がないことを確認したら
新しいバッテリーを置くます。

 

ステイで固定する

古いバッテリーで固定していたように新しいバッテリーもステイで固定します。
ステイのナットは手前と奥は交互に締め平均的な力がかかるようにしましょう。

 

端子を取り外す

端子はプラスから取り付けます。ターミナの奥まで差し込みましょう。
プラスの取り付けが終わったらマイナス端子も同じように取り付けます。

 

確認をしましょう。

バッテリーが正しく位置に設置しているか、ナットは締めたか、
不具合になりそうなことはないかを確認しエンジンをかけましょう。

 

エンジンがかかれば取り付けは無事に完了です。

 

作業時間の目安としては、初めての方でも10分以内でできます。
手馴れている方だと5分もかからないです。

 

バッテリーを交換した日付を本体に書いておくと
次はいつ交換したらいいかがわかるので書いておくと便利ですよ。

 

 

端子の順序は必ず守りましょう。

バッテリーで必ず守ることがあります。
それは、端子の取り外し、取り付けの手順です。

 

  • 外すときは、マイナス端子からプラス端子
  • 取り付けのときは、プラス端子からマイナス端子

 

これは、絶対的な手順なので守りましょう。

 

もし、逆の手順で作業を行うとショートを起こし車にダメージを与えたり
作業者が怪我をする原因になることもあります。

 

また、車は綺麗に掃除をしてから作業をした方がスムーズに交換作業ができますよ。

バッテリーを安く購入したい方はカー・エイドがオススメですよ

バッテリー市場 激安
  • 最大で定価から71%OFF!!
  • 送料が無料でお急ぎ便が無料!!
  • 取り外したバッテリーの無料引き取りがあり!!
  • 国産、外車、バイク、トラック、重機、農業機械など豊富な種類あり!!
カー・エイドは、激安で品質の良いバッテリーを販売しています。
送料は無料で取り外した古いバッテリーを無料で回収もしています。

国産車の対応してサイズや容量をはじめ、
特殊な外車やトラックや重機や農業機械も取り扱っています。



交換する手順記事一覧

バッテリーの端子を外すときは必ずマイナス端子から外します。車は、マイナス側の配線を利用したボディアースが採用されています。つまり、車の金属部分が全てマイナス端子だとイメージして下さい。もし、マイナス端子をバッテリーに接続したまま、プラス端子(プラス端子に工具が触れたまま)を外したとしたら、、、車の金属部分に触れると、マイナスとプラスが接続するのでバッテリーの電気が流れます。これをショートが起きます...

車のバッテリーは、一般ごみとして出してはダメです。なぜなら、バッテリーは産業廃棄物として分類されているからです。不要になったバッテリーは、スタントやカー用品店で引き取ってもらいましょう。注意したいのは、バッテリーは無料で引き取ってもらえるところと有料のところがあります。私が以前、バッテリーをスタントで引き取ってもらったときは500円ぐらいしました。お店によって有料と無料があるので、確認をしましょう...