補充電の仕方

スポンサードリンク

バッテリーの補充電は時間をかけてゆっくり行いましょう。

充電はゆっくり時間をかける
バッテリーの電圧を測定し充電の量が少ない場合は充電をする必要があります。
バッテリーの充電はエンジンをかけ走行をすると充電ができる仕組みになっています。

 

今回の記事では、充電器を使用した補充電の仕方を紹介します。

 

ちなみに、車のバッテリーの補充電は、時間をかけてゆっくり行うのがいいです。
弱い電流で数時間かけて充電するほうが、バッテリーに負担がかからないからです。

 

車からバッテリーを取り外しましょう。

充電中に水素ガスが発生するからです。

 

火の気がなく風通しのよい場所で、充電をしましょう。

 

キャップをすべて外しましょう。

充電中に発生する水素ガスが出やすいようにキャップを外します。

 

充電器のケーブルを接続する

充電器の黒いコードをバッテリーのマイナス側に、
赤いコードをプラス側に接続します。

 

充電器の設定をする

充電器の説明書に書いている手順にしたいが、スイッチをONにします。

 

充電ができたら取り付ける

充電が完了したら、コードを外しキャップを締めます。
テスターで電圧を測定し12.5V以上あれば車に取り付けましょう。

 

あとは、エンジンをかけて確認をすればOKです。

 

急速充電はオススメできません。

カー用品店やガソリンスタンドでバッテリー充電ができます。
ですが、ほとんどが20〜30分の急速充電です。

 

バッテリーは、急速充電をすると負担が大きくかかり寿命を縮めます。
また、充電をしてもすぐに電圧が弱くなる場合は寿命のサインです。

 

早めに新品のバッテリーに好感をしましょう。

 

 

 

バッテリーを安く購入したい方はカー・エイドがオススメですよ

バッテリー市場 激安
  • 最大で定価から71%OFF!!
  • 送料が無料でお急ぎ便が無料!!
  • 取り外したバッテリーの無料引き取りがあり!!
  • 国産、外車、バイク、トラック、重機、農業機械など豊富な種類あり!!
カー・エイドは、激安で品質の良いバッテリーを販売しています。
送料は無料で取り外した古いバッテリーを無料で回収もしています。

国産車の対応してサイズや容量をはじめ、
特殊な外車やトラックや重機や農業機械も取り扱っています。