バッテリー液は水道水を使用してはダメです。

スポンサードリンク

バッテリー液は水道水を使用すると寿命を縮めます。

バッテリー液に水道水を使ってはダメです。
車のバッテリーは消耗すると、バッテリー液が減ってくることもあります。

 

バッテリー液が不足したときは、専用の補充液で補充をする必要があります。
ですが、なかにバッテリー専用の補充液ではなく、、、

 

「水道水」を入れる方がいます。

 

私の知人やネットのQ&Aにコーナーでも水道水でも大丈夫っと使用しても大丈夫と
信じている方がいますが、絶対にやってはいけないことです。

 

なぜなら、水道水と補充液には含まれる成分が違うからです。

 

バッテリーの補充液は蒸留水です。
蒸留水とは、水を沸騰させ不純物を取り除いた水のことです。

 

水道水も蒸留水と同じ水です。
ですが、水道水には衛生的問題から塩素が含まれています。

 

もし、水道水をバッテリー液として使用すると、
この塩酸がバッテリー内部の電極線を痛めてしまうんです。

 

水道水を使ってすぐに壊れることはありませんが、ゆっくり水道水に含まれる塩酸が
バッテリーがもっている本来の寿命を100%縮めます。

 

バッテリー専用の補充液はカー用品店で500〜1000円で販売しているので
不足しているときは購入しましょう。

バッテリーを安く購入したい方はカー・エイドがオススメですよ

バッテリー市場 激安
  • 最大で定価から71%OFF!!
  • 送料が無料でお急ぎ便が無料!!
  • 取り外したバッテリーの無料引き取りがあり!!
  • 国産、外車、バイク、トラック、重機、農業機械など豊富な種類あり!!
カー・エイドは、激安で品質の良いバッテリーを販売しています。
送料は無料で取り外した古いバッテリーを無料で回収もしています。

国産車の対応してサイズや容量をはじめ、
特殊な外車やトラックや重機や農業機械も取り扱っています。